コラム

バルコニー・ベランダの防水工事【外壁塗装時必見】

いよいよ梅雨本番。

外壁塗装や屋上防水工事の時などに出てくるバルコニー(ベランダ)の防水工事についてです。

造りや場所などの違いで呼び名が変わりますが、工事の内容はほとんど変わりません。

現在の防水層の状態に応じて、FRP防水で工事するか、ウレタン塗膜防水で工事するかを判断します。

FRP防水・ウレタン防水の違いの詳細ページ

また、専門業者以外に多い現調時の話は、トップコートのみの塗り替えで大丈夫です。

トップコートとは、保護材で日よけ止めのようなものです。※防水材ではない

これはあくまで、既存の防水層がしっかりとした状態である時に、トップコートだけ上塗りをする工事をします。

トップコートは塗装のようなものでもあるので、塗ると見た目は綺麗になります。

但し、何度も言いますが防水材ではないのです。

外壁塗装を安く行う各社の塗装パックでは、バルコニーへの防水工事が含まれていないことが多いですが、バルコニーは厄介なことにここから雨漏りすると建物の重要な柱へ影響を与えます。

※雨漏りは目に見える個所から漏れる雨漏りと、漏れてるけど表面には出てこない雨漏りがあります。

このような状態では木造では腐ってしまい、鉄骨では錆が発生してしまいます。

また、カビが発生することにより、気管など体への影響もあります。

バルコニー・ベランダだけの見積も可能です。

工事をお考えの方、一度お問い合わせください。

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報