コラム

火災保険対応について

実はあまり知られていないのが、外壁の修繕工事は火災保険で行える場合があります。

※火災保険は、火事の時の保証だけではなく、台風や雨漏りや雨漏り調査など様々な事に対応をしております。

2018年の弊社の保険適用工事の実績は月に2~3件程度行っております。

10~11月は台風被害多く、この2ヵ月だけで10件の保険対応工事を対応しました。

風災・雹災・雪災

最近では、ゲリラ豪雨が加わっている保険もあります。また現在の保険でもゲリラ豪雨が対象となるものもあります。

  1. 現在加入している保険会社に保険に入っている方から連絡をする
  2. 必要書類が届く
  3. 必要書類を送る
  4. 保険金が支払われる

対応については至って簡単です。

弊社では、この1からお手伝い行っております。

わからない事はご確認ください。

実際の保険による工事例

工事前

台風の時に最も多かったのがこのような波板等の破損です。

これも保険の対象です。

工事後

この対応で保険は5万円振り込まれた言っておりました。

近くの工務店さんに頼む予定でいたが、弊社に言われるまで保険の事はまったく頭になかったとの事でした。

金額は加入している保険により様々です。

去年一年間で弊社で対応した工事でこの5万円が最も低いもので高い物では100万円近いお金が振り込まれているお客様もいらっしゃいました。

※基本的に弊社から振り込まれた金額などは確認しておりません。

火災保険の対応

対応については、保険対応が可能かどうかは弊社からもご案内しておりますが、このような事を知らない業者では工事をそのまま行ってしまう事もあります。

そうすると保険会社としても工事後に申請され、写真も何もないような状態では保険金の支払いもできません。

劣化による修繕は対象外ですが、台風や雹などの自然災害によって修繕が必要となった場合は保険が使えるかも?というのを頭に入れておいてください。

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報