コラム

外壁塗装のご紹介

弊社の外壁+駐輪場屋根部分の塗装工事を行いました。

通常は1週間程度の工事作業ですが、作業員の合間や協力業者さんの合間に手伝って頂き約2週間で塗装工事をしました。

工事動画

作業中の約2週間で撮った動画を倍速で編集し150秒にまとめました。

工事の流れ動画はなかなかないので面白いと思います。

外看板

工事前

工事後

ブロックであっても専用の材料であれば塗る事ができます。

使用した材料

今回使用した材料は、株式会社アステックペイントジャパンの塗料を使用しました。

下塗り:サーモテックメタルプライマー (遮熱+錆止め)

中塗り・上塗り:セラマックス フッ素 (耐久年数が約20年ほどの材料)

こちらで対応しました。

工事写真


近隣の車の養生は布製をつかうことにより小さな傷もつかなくなります。

外壁塗装では、塗る回数と金額で業者選びをしがちですが、材料の耐久年数が7年と20年では約3倍も耐久年数が異なります。

また、シーリング材料に関しては一般的に出回っている、5~7年の耐久年数に対し長いものでは30年と異なります。

よく聞くのは、『良いものは高いんじゃないの?』という事ですが、耐久年数が8年程度の工事に75万円と、耐久年数が20年以上の工事に120万円でしたらどちらが良いか?

また、補修工事や良い材料での下塗りをしっかり行わいなども多いので、塗る回数と金額で比較は怖いです。

必ず複数の業者と相見積もりをとり、材料の内容・耐久年数・保証内容・下塗りや補修内容・アフター内容などもしっかり確認しご検討をした方が良いです。

現場調査にいくと外壁塗装から7年しか経過していないのに、劣化や剥がれが激しかったり、工事の内容を確認すると工事写真帳や在庫の塗料で塗ったから何を塗ったかわからない・・・・。こんなお声も耳にします。

外壁塗装は10年周期の時代から15年・20年・25年周期と変更の時代になりました。

塗装に関する確認は、弊社東京外壁塗装.comをご覧ください。

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報