管理組合に寄りそう
提案と修繕
分譲
修繕
  • HOME
  • 分譲マンション工事の髙橋工業

分譲マンション工事の髙橋工業

ご覧頂き誠にありがとうございます。

分譲マンションの管理組合関係者向けのページです。

まず、長々としたページですがポイントを書きます。

高橋工業のポイント

  1. WEB広告・チラシ広告など使わず売上を上げてます
  2. ホームページは外注せず全て自社社員が制作・運営しております
  3. 管理組合目線に立った提案と施工をします
  4. 2021年の分譲マンションの相見積もりの結果は9割が成約
  5. 墨田区押上のカフェ(現場喫茶)でいつでも会社を見て頂けます
  6. 地域活動でTV・新聞・ニュース・ラジオに従業員が取り上げられてます
  7. 金額で受注できる入札工事を行わず口コミやリピートと問い合わせのみで年間約200件の工事を受注
  8. 他社との差別化は圧倒的な工事写真データ
  9. 大規模修繕中の毎日の報告を自社サイトだからできる細かい更新で専用サイトを作ります

提案の差別化

実は弊社の広告を使わないで工事受注をする会社は珍しく一目置いていただけてます。HPは同業他社からのアクセスも多く、月間1万PV以上のアクセスがあります。そのため、弊社が何か新しい取り組みをはじめるとSNSでは似たような取り組みが多く出てきて見て頂けている事を実感しております。正直、同業他社が真似したくなる取り組みができている事は嬉しいです。WEB広告をやらずこのようなアクセスは中小では多いと思います。弊社の強みはスタッフに分譲マンションの現役理事長が2名いて、7年目(約30世帯)・5年目(約110世帯)と経験豊富です。そのため、大規模修繕工事・鉄部塗装工事など、管理組合目線に立つことができております。管理会社はどんな提案をするのか?管理組合のメンバーの中には、1年の我慢。2年の我慢と積極的じゃない人が多い中でどうやって損なく正しい工事を行えるか?こんな話題を色々関わったマンションの理事の方々と情報交換することで、より強い知識となりました。

差別化その①

セオリー通りの工事なんてしない!!

メーカーも日々研究や改善を重ねてより良い材料や工法を出してます。業者は常にお付き合いが。。。ではなく、様々なメーカーと情報交換しながらより良い材料や工法にしていくアップグレードが必要です。ですが現状は材料や工法は変えることなく数年前のやり方でやってます。5年前に販売されたスマホはもう触ったらびっくりするくらい使えないです。10年前のやり方はもう古いんです。それを10数年前の知識のまま変わらない資格者が組んだ長期修繕計画などはまったくアップグレードされておりません。管理会社の見積もりのほとんどがその古いやり方です。そもそもそこを基準にしてはいけないのに、相見積もり業者は提案力はなく、見積書に新しい金額を入れることしかできません。弊社はそんなやり方はやらず、常に今最もよい施工方法と現状に合わせた提案をします。

差別化その②

瑕疵保険は必須で第三者のチェックは大事です。ですが、第三者チェックと言っても数日間で対応した場所を1~2時間で全て調査は正直難しいです。人の限界です。髙橋工業のような小さな会社で、相見積もりで選んでいただくのは他社ができないサービスを行うことです。そこで実施しているのが膨大な量の写真です。全ての個所で工程を写真撮るを実施してます。分譲マンションの防水工事で500~700枚、大規模修繕で数千枚。嘘やごまかしがなく全ての個所を24時間監視しているつもりで全て写真を撮る事で、弊社もやったやってないの証拠になります。提出する時はデータでお渡しします。これが一番の売りです。全て正しく施工した事を証明する。これは中々真似できないのでオープンにしてます。

写真研修 弊社では現場喫茶に写真販売で国内トップクラスの会社のピクスタに来て頂き写真撮影講座などもしました。そのスタッフが協力会社に撮影方法を案内しているので、写真のクオリティは高いです。

差別化その③

低コストの企業努力。安い=品質がダメは大間違いです。なぜなら弊社は以下の方法で低コストを実現しているからです。

WEB広告やチラシ広告を行いない。

年間500万円~5,000万円はかけている会社が大半の広告を使っておりません。多い会社は中小でも年間8,000万円ちかくになります。それが弊社は0円です。弊社の従業員は1人あたり2~3ポジションです。WEBと営業と作業ができる。事務とWEBとデザインができる。など一人一人がマルチな才能があります。そのため、専門の人間を雇うのではなく、事務作業員がデザインをする。営業がHPを作るなど多才な活躍で結果として髙橋工業の経費削減につながっております。

求人をしない。

こちらも年間数百万円~多い会社で数千万円はかかる求人ですが、弊社はもう数年間求人を使っておりません。SNSと口コミだけでの採用をしております。SNSにおいては特別なボーナスがあり、その事についてはホットペッパーのメシ通やリフォーム産業新聞のリフォマガが取り上げてくれました。

協力会社へSNSの講習やWEBの手助けをする

協力会社に工事の受注方法やSNSの使い方、WEBなどの情報共有をしております。このような一般的な知れない情報(有益)を伝える事で協力会社とより強い関係を気付いております。そのため、工事金額だけではない関係が発生します。ダメな元請けは協力会社が工事を取得できないように自社だけに付くように仕向けて使い捨てします。それでは建設業界は良くなりません。弊社と関係もった会社は忙しくて困るくらい仕事の受注ができるように今のニーズにあったスタイルを共有します。

無駄なショールームは作らない

ショールームやオフィスに必要以上に高い家賃を払ったり、お金を使っている企業は多いです。弊社では、ショールームとして業務を知って頂きたいがお金をかけて、人が来ないから広告を使うなど無駄遣いはやめてカフェにしてしまいました。カフェにする事でSNSなどで拡散され広告を使わず知っていて頂ける会社になりました。カフェスタッフは工事業務の事務や受付などもこなします。

他にもたくさんありますが、様々な所で経費削減など無駄な出費を抑える事で安い工事金額でもしっかりと利益を出して売上を上げてきました。そのため、より良い工法・材料で工事をしても他社より安くできます。

 

分譲マンション専用ページ

工事始まる前にさんざん議論して検討しても工事がスタートするとその熱はパタッと落ちてしまします。落ちるというか何とかスタートしたという事で終わりのようなやりきった感の理事もいます。ボランティアとしてはこの業者選定や大規模修繕工事について考えるとは大変な労力ですから無理もないです。そして工事がスタートすると気にするのは、洗濯物を干してよいのか?くらいです。

弊社ではその今までの経験から外でも、夜中でもふと思い出した時に見れるように工事している専用の分譲マンションページを作ります。このURLが入居者しかわからないようにしておきます。パスワード設定も可能なので希望があればパスワードが無いと見れない事もできます。

サンプルページ

相見積もり

今後、修繕を行う時に相見積もりをする管理組合さんは是非弊社も選定の1社に入れて頂きたいです。各社様と比べてみてください。

NPO法人マンション管理者協会セミナーで話した事

必要な所に必要な工事を!

長期修繕計画で、大規模修繕工事が計画されていたら【大規模修繕工事】を行わいといけないと思っている組合の方が多いです。それもそのはずで管理会社や相見積もりに参加した業者は【予算額を全て使える案件】として工事を行います。大規模修繕工事をやらないといけないと思っている組合の方がいますが、やらないといけないのは10年に一度の外壁の調査です。

手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修等から 10 年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査
引用元:国土交通省

全面打診等とは、赤外線サーモグラフィーカメラが含まれます。

今までは、足場を組んで全面打診検査をするならそのまま工事をしてしまおうの流れで工事をしておりました。ですが、赤外線カメラで調査をした場合足場が不要なので、不備の個所に応じて足場を組む、ロープ作業をする事も可能です。

家電で例えますと、10年に一度家の中の電化製品を全て買い替えろって言われているようなものです。

違いますよね?使えるものは使って、壊れたものを買い換えますよね?もちろんリスク対策で調子が悪いものがあれば使えても変える事はありますが。

この事を時間内でまとめ話たのが、修繕計画で5,000万円になってても、1,000万円の工事で終了しても良いという事です。これが必要な所に必要な工事をしましょうというお話です。

入札はやってない

これは相見積もりをやってないとか、分譲マンションの工事に参加していないという事ではなく、都や区がやっている入札工事の事です。経営事項審査評価点数は入札工事では重要なポイントですが、弊社は入札工事を行っていないので弊社の点数として評価されたものは帝国データバンクでご確認ください。帝国データバンクには全て売上高含め書類を提出しております。入札工事を行っていると公共事業や地域の学校や体育館など有名な施設もたくさんあります。これは工事の提案や技術力ではなく金額で決められるので、少し業界に関わればいかに談合が多いか気づくと思います。23区内でも談合に対して発信している区議会議員さんは多いのでご確認ください。弊社は、おかげさまでホームページや口コミだけで手が回らないくらいの工事の受注ができております。そのため現状も今後も入札工事への参加予定はございません。

分譲マンションで、鉄部塗装・補修工事・大規模修繕工事などで修繕の依頼をする際にはなんなりとお問い合わせください。相見積もり大歓迎で対応しております。また、弊社の差をわかるのは相見積もりでしかわからないと思うので数社の中の1社にお呼びください。

 

アステック

ウレタン

遮熱助成金

最新記事情報

人気の記事

施工情報