コラム

東京都足立区 Sビル

東京都足立区にある鉄骨ALC造ビルの屋上防水工事・外壁塗装工事・鉄部塗装工事を行いました。Uカットを用いた下地補修工事も行っております。

  • 構造
  • 工事

鉄筋ALC造 3階建て

防水工事
外壁補修工事
外壁塗装工事
鉄部塗装工事

工事前
劣化が激しく、ALC外壁では重要なシーリングも機能していない状況で、いたるところに亀裂がみられ、雨漏りもしている状態でした。また屋上も長年の雨風、紫外線による経年劣化から防水層を形成しているシートが裂けていました。

工事後
亀裂には専用のモルタル調の材料やシーリングを使いしっかりと穴を埋め、機能していなかったシーリングも取り除き、新たなシーリングを入れる事で防水機能が発揮されました。屋上は、既存のアスファルト防水からウレタン塗膜防水通気緩衝工法で新たな防水層ができ、雨漏りも止まりました。

工事のポイント

外壁はUカットを用いてしっかりとした下地調整を行い、屋上防水は既存のアスファルト防水を撤去し新たにウレタン塗膜防水通気緩衝工法で工事を進めました。

【防水工事】
既存の防水層を撤去 → ケレン → 下地調整 → プライマー塗布 → シーリング充填 → 改修用ドレン設置 → 通気緩衝シート貼り → 立上りメッシュ貼り → 脱気筒設置 → 目止め作業 → ウレタン一層目塗布 → ウレタン二層目塗布 → トップコート塗布

既存の防水層がアスファルト防水でとても重い防水層なので、可能な限り撤去した後に新たな防水層を作る工事を行います。

【シーリング工事】
既存のシーリング撤去 → ケレン → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押え

【外壁補修工事】
①爆裂欠損補修:ケレン → プライマー塗布 → モルタル充填 → ヘラ押え
②クラック補修:Uカット → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押え → 埋め戻し →施工後

Uカットとは、0.3mm以上のひび割れを補修する場合に使われる工法で、ひび割れを中心に幅100mm 程度のモルタルを削り撤去します。そこにシーリング材を充填することで、同じ場所のひび割れを防ぐ効果があります。

【塗装工事】
ケレン → 下塗り → 中塗り → 上塗り

今回の工事では外壁塗装も鉄部塗装も三回塗りで対応しています。塗料によって異なる場合がありますが、今回の塗料は三回塗りをすることで塗料の性能を引き出し、耐久性や美観を保つことができます。
塗る場所によって、そこに適した塗料と塗り回数があるので、しっかりと見極めて対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

最後に
弊社では、雨漏りに特化した防水工事・塗装工事を行っております。ただ表面を塗装して終わるのではなく、今回のように下地調整【工事前の基礎作り】に力を入れております。下地調整をしっかり行うことにより、耐久年数で品質の保証ができる工事が完成となります。10年保証!と言いながら、それは保証対象外ですという業者が多いので工事内容で見極めが必要です。

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報