コラム

東京都板橋区 Gマンション

東京都板橋区にあるRC造3階建てのタイル面の修繕工事を行いました。タイル剥落防止のピンニング工法と防水塗装を施し、シーリングも新たに形成しています。

  • 構造
  • 期間
  • 工事
  • 塗装材料

RC造 3階建

15日間

塗装工事

セブンケミカル株式会社

工事前
打診調査によりタイルに浮きがみられ、剥落する恐れがありました。また、各所シーリングが経年劣化により役割を果たしていない状態で、雨漏りや振動による外壁への衝撃も吸収できていない状態になっていました。

工事後
タイル面は高耐力のあるピンニング工法を取り入れ、剥落を防ぐ事ができました。また、防水性に優れた透明の塗料を塗布した事で外壁からの雨水はもちろん、美観も維持する事ができました。

シーリングも新たに形成する事で本来の役割を発揮する事ができます。

工事のポイント

防水性に優れた透明塗料のセブンSを塗布することで、タイル本来の高級感を損なうことなく防水性も高める事ができます。

【ピンニング工法】
打診調査 → 穴あけ → 清掃 → エポキシ樹脂注入 → ステンレスピン挿入 → 表面仕上げ

■ピンニング工法:外壁の仕上げモルタルやタイルとコンクリート躯体との間に浮きができた時に、外壁剥離や剥落防止を行う為の工事になります。

ピンニング工法はタイル張り替え工事に比べて工期の短縮、工事費の節約になります。

【塗装工事】
ケレン → 高圧洗浄 → セブンS1回目塗布 → セブンS2回目塗布 → セブンS3回目塗布 → セブンS4回目塗布 → セブンS5回目塗布

5回塗りはメーカーで決められた回数になり、5回塗る事で本来の防水機能や美観が発揮されます。

回数を誤魔化す業者も中にはいるので、実際に作業している写真を出してもらいましょう。

【シーリング工事】
既存シーリング撤去 → 清掃 → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押さえ

シーリングには雨漏りを防ぐ「防水性」と地震などで建物が揺れた際に伸縮性により建物を守る「耐震性」があります。

シーリングは建物を守る際になくてはならない材料です。劣化すれば躯体に影響が出るのも時間の問題です。よって定期的なメンテナンスが必要になるのです。

最後に
タイル貼り外壁の場合、躯体を保護し建物自体の劣化を遅らせることはできますが、経年と共にコンクリートとモルタルの付着力が低下し、次第に隙間ができてしまいます。

これを放置するとタイルが剥離し、最悪の場合は通行者への被害となるケースもあります。

よって打診棒を使い建築物(外壁タイル・塗装面等)を1枚1枚叩き音の違いによって空洞・モルタルやタイルの浮き状態を調べていきます。専門の職人が手の届く範囲の距離で調査する事によって誤差のほとんど無い正確な調査を行う事が出来ます。

打診調査をしっかり行うことで補修の際に無駄な材料の生産を抑えることができます。

事故が起きる前に定期的な打診調査と補修を行うことが大切です。

気になる事やお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。

株式会社髙橋工業
電話番号 03-6796-5445
営業時間 9:00~18:00 ( 日曜・祝日は休み)
HP問い合わせ https://www.takahashi-bousui.com/contact/

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報