コラム

東京都江東区 K様邸

東京都江東区にある鉄骨ALC造3階建ての外壁塗装工事を行いました。シャッターや雨樋など箇所によって塗装の色を変え、お客様に大変満足して頂けました。

  • 構造
  • 工事
  • 塗装材料

鉄骨ALC造 3階建 

外壁塗装工事

株式会社アステック

工事前
外壁にはチョーキング(手で触ると白くなる)が見られ、経年による劣化が進んでいて、塗料による防水機能が薄くなっていました。

工事後
外壁を補修し、塗料はメーカーの定めている回数をしっかり塗ることで、美観だけでなく防水機能も生まれ変わりました。

工事のポイント

セルフクリーニング効果のあるリファインを採用し塗装工事を行いました。また細かい所にまで色彩にこだわりました。

【シーリング工事】
既存シーリング撤去 → ケレン → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押さえ

外壁だけでなく、窓枠の劣化しているシーリングも撤去し、新たなシーリングを充填します。またシーリングを充填する際に、窓枠にはテーピングを施しますが、外壁は上から塗装していくのでテーピングは使わずに仕上げていきます。

【塗装工事】
高圧洗浄 → 下塗り → 中塗り → 上塗り

外壁塗装の塗る回数は塗料や既存の状態によって異なります。今回は全て3回塗りを実施しております。鉄部に関しては錆止めを塗布します。これを施すことでより美観を保つことができます。

お客様の声
外壁工事以外で困っていることを相談させていただくと、すぐに笑顔でご対応いただきとても感謝しています。とてもきれいな外観に仕上げてくださったので(・・・とくに車庫のシャッターがお気に入り?!)家の中も少しずつきれいにしようとはりきっています。本当にありがとうございました。皆さんは暑い中を頑張ってくださいました。私はだんだんとできてくる様子が、とても楽しかったです。

最後に
外壁塗装で大事な事は、
1.しっかりと下地調整(補修・シーリング・下塗り)を行う
2.出荷証明書のある正しい材料を正しい量塗布する(薄めて材料を使わない・中塗りなどに在庫塗料を使わない)
3.アフターや工事写真帳(完了報告等)をしっかり対応する
以上がとても大事になってきます。

塗った後しばらくは綺麗な外壁塗装ですが、見えない部分や補修内容などしっかり行わないとすぐに劣化します。劣化し問い合わせしたら『知らない』などで対応されたり、追加料金をとられたりと・・・気持ちまで嫌になってしまいます。工事金額を前払いや何割かを最初に請求する会社なども怪しい会社です。
しっかりとした会社選びをするなら、1社で決めるのではなく、数社から相見積もりをし、しっかり比べて検討してください。
弊社では相見積もり大歓迎です。ぜひ一度ご相談ください。

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報