コラム

東京都墨田区 G様邸

東京都墨田区にある鉄骨ALC造・3階建の修繕工事を行いました。ALC造ということでシーリングと下地補修は念入りに行いました。

  • 構造
  • 工事

鉄骨ALC造 3階建

外壁塗装工事
アルミ笠木工事
バルコニー防水工事
シーリング工事

 

工事前
ところにより劣化が激しく雨漏りに直結するような場所もある状態でした。

工事後
下地補修をしっかり行うことで雨漏りを防ぐことができました。また劣化していたアルミ笠木も新しいものになり、防水層が保護され建物の意匠性も向上します。

工事のポイント

外壁のALCにひび割れがみられ、下地調整(補修)をしっかり行いました。
既存の笠木が劣化していたのでアルミ笠木に交換しました。

【下地補修】

V字に切り目を入れ、ひび割れをわざと広げてから補修を行います。

ヘアークラックといって髪の毛ほどの細いひび割れの場合は表層部の割れになります。しかし今回のような約0.3mm以上の幅になると躯体を傷める可能性があるので、確実な対策を施しておかなければなりません。よって「Vカット処理」という工法で行います。

【アルミ笠木工事】

劣化している笠木を新しいものへと交換します。劣化が進むと建物へ浸水し雨漏りが発生したり、建物自体へ悪影響を及ぼします。

 

【シーリング工事】

既存のシーリング撤去→ケレン→プライマー塗布→シーリング材充填→ヘラ押さえ
シーリングは全ての箇所で打ち替えを行いました。

【塗装工事】
高圧洗浄→下塗り→中塗り→上塗り

外壁塗装は、3回塗りで行います。下塗りは微弾性フィラー(白いろの塗料写真)なので、細かいひび割れなどはこの下塗りで補修します。
屋根も外壁と同様の作業です。屋根の下塗りは、耐候性のある屋根用の下塗り材(明るい茶色)を使います。

鉄部塗装も同様で3回塗りです。鉄部塗装の下塗りは防錆の錆どめ塗料で下塗りをします。

 

お客様の声

大変、親切に丁寧にお仕事をしていただき、感謝しております。今後とも、宜しくお願いします。

最後に

建物にあった下塗りや、必要な補修工事をしっかり行うことで、初めて長い耐候性のある塗装工事ができます。外壁は塗ってしまえば表面は綺麗なのでわからないですが、このような作業を行わないと本来の力を発揮しません。

必要な工事はしっかりと行ってもらいましょう。

気になる事があれば是非髙橋工業へお問い合わせください。

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報