コラム

東京都台東区 Iビル

東京都台東区の隣接している家が立ち並ぶ場所での工事を行いました。
他社では塗装を断られた狭い箇所への塗装工事も行っています。

  • 構造
  • 工事

鉄骨ALC造 4階建て

防水工事

外壁塗装工事

斜壁塗装工事

下地補修工事

シーリング工事

工事前
経年による劣化が随所で見られており、雨漏りを防ぐ為にも早期対策が必要な状態でした。
また隣との間も狭く他社で断られていたこともありお客様もお困りの様子でした。

工事前後
爆裂や欠損している箇所の下地調整も行い、不要な柵の撤去なども行いました。

塗装は3回塗り・防水は2層の通気緩衝工法で綺麗になり、本来の役割を果たせる姿に戻りました。

工事のポイント

他社では対応が不可だった隣との間が狭い所でも足場を組み対応する工事を行いました。
見えない場所からの雨漏りは多く、このような場所もしっかりと対応します。

【下地補修工事】
各劣化部を撤去→掃除→モルタルで補強
※ひび割れ補修 /  欠損補修 / 塗膜脆弱部補修も行います。

【シーリング補修工事】
既存コーキング撤去→コーキング撤去後に目地の掃除→プライマー塗布→コーキング材充填→ヘラ押さえ
建物の防水性や気密性を保つために、外壁や窓枠等の継ぎ目や隙間にも施工します。ALC外壁の場合、つなぎ目が多いのが特徴なのでこの作業はとても重要になります。

【外壁塗装工事】
高圧洗浄→ケレン→下塗り→中塗り→上塗り
塗料メーカーは3度塗りを前提に塗料を作っていますので、これを怠るとせっかくの塗料が本来の役目を果たせないことになってしまいます。
※塗料メーカーによっては5度塗りの場合もあります。

斜壁塗装工事】
下塗り→中塗り→上塗り
斜壁と言われる斜めの壁は一番雨漏りが多い場所です。補修工事をしっかり行ったあとで塗装をしております。

 

【鉄部塗装工事】
ケレン→下塗り→中塗り→上塗り
下塗りから上塗りまで、3層の塗装作業を行う事により初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

鉄部塗装では、塗装の剥がれや退色からの美観回復以外に塗料の皮膜により鉄が錆びる事を防ぐ効果もあります。

 

【防水工事】
ケレン→下地調整→プライマー塗布→入り隅部コーキング→通気シート貼り→通気シートジョイント部分メッシュテープ貼り→立上りメッシュ貼り→改修用ドレン設置→脱気筒設置→ウレタン防水塗膜1層目塗布→ウレタン防水塗膜2層目塗布→トップコート塗布

お客様の声
大変お世話になりました。
6階のマンションから見ると、近所でうちの屋上の塗装が一番きれいに仕上がっており、防水性が高そうに思えます。
今後も定期点検他よろしくお願いいたします。

最後に
今回の工事のように隣との間が隣接しているような場所でも、足場を組み対応する技術があります。

また工務店で行うような仕事や粗大ごみの回収(無料対応)も行っておりますので、工事をお考えの際には一度お問い合わせください。

相見積もり大歓迎で対応しております。
是非一度、比べてください。

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報