コラム

東京都豊島区 Kマンション

東京都豊島区にあるRC造6階建ての、ルーフバルコニーの防水工事を行いました。既存下地がコンクリートなので通気緩衝工法を用いた防水工事になります。

  • 構造
  • 期間
  • 工事
  • 防水材料

RC造 6階建

22日間

防水工事

ダイフレックス株式会社

工事前
ルーフバルコニー全面が、森のように植物で埋まっていて水はけも悪く、そこから雨漏りが発生している状態でした。

工事後
下地補修をしっかり行った後に、通気緩衝工法を用いた防水工事を施したことで、雨漏りを止める事ができました。

また、コンクリートが発する蒸気も通気緩衝シートと脱気塔を設けることで蒸気を逃がし、膨れを解消する事ができます。

工事のポイント

サーモグラフィーを使用して雨漏り箇所の確認を行った後、防水工事を進めていきました。防水は既存がコンクリートなので通気緩衝工法で施工致しました。

【防水工事】
ケレン・清掃 → 下地補修 → プライマー塗布 → 通気シート貼り → ジョイントテープ貼り → 各所シーリング充填 → 脱気筒設置 → 立上りメッシュシート貼り → ウレタン一層目塗布 → ウレタン二層目塗布 → トップコート塗布

下地補修はとても重要な工事の一つとなります。今回のように既存のコンクリートに凹凸があった場合、水はけが悪く雨漏り原因の一つにもなります。

よって、なだらかな下地を作り勾配を付けることで水はけも良くなり、雨水などがスムーズに排水されるようになります。

【サーモグラフィー】
弊社ではサーモグラフィーを使用して現場の調査・施工後の状況確認も適宜行っております。

今回の現場はルーフバルコニーからの雨漏りで、防水工事をしただけで、どれだけ工事前と工事後で良くなったのかが分かります。

このように目視だけではわからないものもサーモグラフィーを使用することで確認することができます。

最後に
屋上やバルコニーに大量の植木があるのも防水層の劣化に繋がります。そして水はけが悪くなって雨漏りが発生します。

弊社では一人で移動させるのが困難な大きい物や重い物も要望があれば対応させて頂きます。

どうしようか悩んでいる方は是非ご相談ください。

また、今回のように一部分の部屋の補修も大歓迎です。その他にも一括での大規模修繕では瑕疵保険も対応しております。

なにか、お困りのことや、気になることがあればお気軽にご相談ください。

株式会社髙橋工業
電話番号 03-6796-5445
営業時間 9:00~18:00 ( 日曜・祝日は休み)
HP問い合わせ https://www.takahashi-bousui.com/contact/

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報