• HOME
  • 2021年お正月 賀正~香取神宮へいざ参らん~

2021年お正月 賀正~香取神宮へいざ参らん~

2021年、令和3年あけましておめでとうございます。
昨年の2020年が始まったかと思えばいつの間にやら、2021年。
2020年はコロナの影響で慌ただしい一年でしたが、何とか2021年を迎えられております。
2021年も乗り切るため、年末年始は年始からの仕事のことを考えつつお休みを取らせて頂きました。
そんなお休みを頂いた際の出来事、文章にしたためてみました。
もしよろしかったらご覧ください。

ちょっと早い年越しそば~
例年、年越しそばと言えば31日の日に家で食べるのが自分の普段の過ごし方でした。
温かいおそばの上にエビの天ぷらをのせた海老天そば。そばをすすっているとつゆに浸ったエビの天ぷらの衣がほぐれてくるのでそばを食べつつ、良い具合につゆに浸ったてんぷらも食べる。そんなそばを食べつつ、ガキ使を見る。そんな感じで例年、年越しそばを食べておりました。
ですが今回は29日に高校の友人の実家の蕎麦屋に食べに行ってまいりました。
なぜ、食べに行ったかというと、いままで一度も行ったことが無く、行ってみたいとなったからです(笑)

思い立ったら吉日ではありませんが、別の友人に連絡をして29日のお昼に行ってきました!
JR四ツ谷駅から徒歩9分。コモレ四谷の脇を抜けて坂町坂という坂を下ったところにあります。
お店の名前は「楓庵」。
町のお蕎麦屋さんといった年季を感じる風貌のお店です。

店内は想像よりも広く周囲の他のお客さんとも間隔を取ったうえで席に座れました(店内の写真を撮り忘れてしまいました…)
色々と種類があったのですが、おそばは天ざる(¥1,050-)を注文し、サイドを固めるメニューとしてかつ丼(¥900-)を注文。
友人は暖かい天ぷらそば(¥940-)を頼んでおりました。
メニュー表はこんな感じです。色々あります。

待つこと10分ほど…
運ばれてきました、見た目からして美味しそうです。

天ぷらが冷めてしまう前に早速いただきます。
天ぷらは衣サクサク、そばは細くのど越しばっちり。美味しかったです。
かつ丼は卵のとじ加減もよく、こちらもさらっと平らげてしまいました。
想像以上に満足できました。
まだまだほかのメニューもいろいろあるので次回は別のメニューを頼もうと思います。
お店の情報については下記をご覧ください!

楓庵
Tel:03-3359-6445
住所:東京都新宿区四谷坂町7-12

・アクセス
都営地下鉄新宿線【曙橋駅】徒歩8分
JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線【四ツ谷駅】徒歩9分
東京メトロ有楽町・南北線【市ヶ谷駅】徒歩9分

・営業時間 ※新型コロナウィルス感染拡大により記載と異なる場合があります
11:00~15:00
17:00~19:30
・定休日
日曜・祝日

~初詣は香取神宮へ~

コロナということもあり、初詣を行う際にもソーシャルディスタンスを心掛けて、人が密集しないよう元旦は避け、2日に千葉県香取市香取にある香取神宮に行ってきました。

この香取神宮ですが、全国にある約400社の香取神社の総本社。茨城県の鹿島神宮・息栖神社と合わせて“東国三社”とも呼ばれております。弊社の移転前の事務所の近くにもその一つの小村井香取神社がありました。
香取神宮には日本書紀にも登場する武術の神様「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」が祀られており勝運・交通・災難除けなどにご利益がると言われているパワースポットでもあります。
そんな香取神宮ですが、コロナということで日中は人も多いかと思い、時間をずらして夕方ごろに向かいました。夕方に行ったのが功を奏したのか三が日の中日にも関わらず、拝殿まで並ばずにそのまま向かえてすぐに参拝することが出来ました。
おみくじにもチャレンジしたら、なんと大吉!

今年は付いているかもしれないと思い、金運のお守りも買ってしまいました。

初めて香取神宮に行ったのですが、想像より大きくびっくりしました。
三が日ということで参道には出店なども多数出店おりました。
参拝を終えたあとは出店をしていた出店をぶらぶら。
やはり出店があるとついつい買い食いをしてしまいます。ベビーカステラにあげじゃがにからあげ、とてもおいしかったです…
ただ、コロナということもあってか出店は18時ごろには次々と店じまいをしておりました。
普段の三が日であれば、遅い時間まで営業してもっと売り上げもあるんだろうなと思うとコロナの影響は大きいと言わざるを得ません。
そんな香取神宮の境内をかいつまんで動画に撮ってみました。

出店にて買い食いも終わり太陽も落ちて夜に差し掛かったころ、見所の一つと紹介されている要石を見学に。
この要石は地震を起こす大鯰を抑えるために地中深くまで差し込んでいるとされるもので、その頭頂部がわずかに露出しており、香取神宮にある要石は凸型をしているとのことです。
ただ、この要石があるところなのですが、夜に行ったのが間違いでした…
参道から要石のある場所に向かうために横道に入るのですが、電気が一つも無い。
とりあえず、携帯のライトで照らしながら進んだのですが、向かう道には誰もおらず山道ということもあってかいきなり喧噪も消えちょっとホラーな感じさえしてきました。
寒さからなのか、静けさからなのか体もゾクゾクしてきておりましたが、歩くこと5分ほどで要石のある場所まで到着。

やはりここも真っ暗だったので、ライトで照らしてもらいつつ写真をぱしゃり。
早々に光のある場所まで退散しました(笑)

一時間程度の滞在時間でしたが参拝を行い、出店を楽しみ、見所の一つも見れたのでこれにて撤収。
コロナということもあって人が多すぎたらどうしようということもありましたが、何とかなりました。
これで今年も無事スタートすることが出来そうです。

遅くなりましたが皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

香取神宮
Tel:0478-57-3211
千葉県香取市香取1679-1
HP:  https://katori-jingu.or.jp/

アクセス
https://katori-jingu.or.jp/access/

営業時間
授与所、御朱印受付の時間(通常)
8:30~17:00
(祈祷受付~16:30まで)
(宝物受付~16:00まで)

アステック

ウレタン

遮熱助成金

最新記事情報

人気の記事

施工情報