コラム

みなかみキャニオニング

8月の社内イベントはキャニオニングです。

キャニオニング?

  • キャニオニングとは飛び込みやクライミングや泳ぎなどで川を下っていくアドベンチャースポーツです。

高橋工業のイベントでは普段行わい事をやろう!?が一番のメインであるため、今回はキャニオニングで激しく夏を楽しんできました。

 

 

今回は、群馬県利根郡のみなかみ町です。

東京からは正直遠いです。

でも関東最難関コースと呼ばれるキャニオニングはこのみなかみ町の利根川の源流にあります。

「これは行くしかない」

 

まずは更衣室でウェットスーツに着替えます。

これが大変です。

この日は朝から都内はどしゃぶりで群馬県に入ったら小雨になりましたが、とにかく天気は悪かったです。

そのせいで猛暑が嘘のようにこの日は少し涼しげです。

ウェットスーツは二枚着る事になりましたが、この二枚着る作業でこの日の体力の20%は無くなった気がします(笑)

 

着替えてからはカメラなどは全てロッカーにしまうため、撮影は持参していたGoProというカメラのみです。

今回はこのカメラを菊池に取り付けて、遊んでる映像も撮影しました。

これが高橋工業の本気の遊び、本気のキャニオニングです。

まずは動画をご覧ください。

スタッフメンバーは前回のフォレストアドベンチャーで鍛えられております(笑)そのため、高い所は強くなっていた・・・はずです・・・。

それでもやはり恐怖を感じる場所が多々ありました。


 

スタートです。


最初は気持ちにも余裕があり楽しみながらスタートします。

冷たいなど騒ぎながらまだまだ余裕がありました。

 

見てください!

この余裕に満ち溢れた、敬礼の高久の姿を。

なぜにここで敬礼をしたかは髙橋工業の七不思議のひとつです。

 

この時はまだ楽な川下りで楽しんでいました。

そんな時にあいつは現れました。

圧巻の20mの滝「フォックス」

正直にこんなのがあるって聞いてません。下調べ無しに行ったため、いきなりどこからどう見てもすごい滝がでてきました。

そしてらその滝を下ると言うのです。

?????

滑り台とかのレベルではないです。

東京マリンのカミカゼを思い出すスリル(古くてすいません)

これを全員でクリアしていきます。

これは是非とも皆様にも経験してほしいです。

夏を楽しむ(笑)

 

 

達成感からかこんなに笑顔が!

 

 

もう心なしか大変な所をクリアした事で余裕の気持ちが復活です。

 

 

これが最後に撮れた皆の笑顔です・・・・

この後は、7m以上ある滝からの飛び込みや後ろ向きで滝を下るなど想定外の連続です。

 


戦いを終えて

皆、達成感と疲労感でいっぱいです。

 

 

この後は昼食を食べてから帰る予定です。

 

 

と、思ったら隣に美味しそうな蕎麦屋さんがあるではないか。

手打ちそば!これは外れの無い臭いがプンプンです。

 

 

手打ちそば感万歳です。

10割蕎麦で、蕎麦好きにはたまらない一杯です。

天ぷらも夏野菜を美味しく頂きました。

そして車を走らせたら次は、「大とろ牛乳」とやらを発見。

これは二台とも阿吽の呼吸で緊急停止。

すぐさま寄ってしまいました。

 

食後のデザートです。

 

メニューはこの中から選びます。

選べと言うのが難しい選択でどれも食べたい状態でした。

 

これです(笑)

映え目的じゃなくても勝手に映えるのが大とろさんです。

見た目通りまったく裏切る事のないお味で美味しく頂きました。

「キャニオニング」

初めてでしたが最高に楽しかったです。

みなかみのスタッフは外国人の方が多いですが、どの方も良い方で最高でした。

また行きたいと思える場所でオススメできます。

高橋工業のスタッフはまたレベルが1つUPしました。

 

今回の場所

キャニオニング 株式会社ビッグウェーブみなかみ
群馬県利根郡みなかみ町川上382-2 
TEL : 0278-20-4116 
昼食 そば屋敷坪乃庵
群馬県利根郡みなかみ町川上386−1
TEL:0278-72-6840
デザート 菓子工房 大とろ牛乳
群馬県利根郡利根郡みなかみ町小仁田265−1
TEL:0278-25-3604

 

 

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報