コラム

東京都墨田区 T様邸

東京都墨田区にあるALC造2階建ての屋上その他修繕工事を行いました。屋上の防水工事から外壁、鉄部塗装まで行っております。防水工事はメッシュ工法を取り入れました。

  • 構造
  • 期間
  • 工事
  • 防水材料
  • 塗装材料
  • シーリング材料

ALC造 2階建

31日間

防水工事
塗装工事
シーリング工事

AGCポリマー建材株式会社

株式会社アステックペイントジャパン

サンスター技研株式会社

経年劣化によりあらゆる箇所の防水機能が低下し、屋上に関しては水はけも悪い状態でした。外壁に関しても紫外線により塗装が薄れ防水効果も低下していました。

工事後
屋上に関しては地震や衝撃での破損に強くなるメッシュ工法を取り入れ、防水層も厚くなり水はけもスムーズになりました。外壁に関しては美観だけでなく、防水機能も復活しました。

工事のポイント

防水工事に関しては、下地にメッシュシートを接着し、その上にウレタンを塗布するメッシュ工法を行いました。
メッシュシートが入ることで、地震や衝撃での破損に強くなり、住宅への負担も軽いのが特徴です。

【防水工事】
ケレン・清掃 → 下地調整 → プライマー塗布 → メッシュシート貼り → 改修用ドレン設置 → ウレタン一層目塗布 → ウレタン二層目塗布 → プライマー塗布

 

【シーリング工事】
ケレン・清掃 → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押さえ

 

【塗装工事】
打診調査 → 脆弱部補修 → 下地補修 → 高圧洗浄 → ケレン(鉄部) → 下塗り(鉄部:錆止め) →  中塗り → 上塗り 

ALC造は外壁材に無数の気泡がある為、その気泡を塗料で埋めています。よって、しっかりと塗装がなされていなと雨漏りの原因にもなります。

最後に
住宅の定期的なメンテナンスは非常に重要になります。適切なメンテナンスをせずに放置していると、あちこち傷んで劣化が広がってしまいます。雨、風、紫外線などによる日常的なダメージや、台風、地震などの自然災害は、建物にとって劣化の大きな原因となります。汚れや消耗、損傷などにより、美観や機能の低下は避けられません。

定期的なメンテナンスを行わずにいると、結果的に大規模な修繕工事が必要となってしまい、費用も高くついてしまいます。メンテナンスへの意識が劣化や老朽化を遅らせ、住まいを長持ちさせるポイントになります。

またメンテナンスは、必ずしもハウスメーカーや建てた工務店にお願いする必要はありません。様々な業者がいるので、必ず一社ではなく複数の業者から見積もりを出してもらい、適正な価格で工事を行えるようにしましょう。

弊社では、お客様の要望やニーズに合ったお見積もりを出しております。気になる事やお困りの事があれば、何なりとお申し付けください。

株式会社髙橋工業
電話番号 03-6796-5445
営業時間 9:00~18:00 ( 日曜・祝日は休み)
HP問い合わせ https://www.takahashi-bousui.com/contact/

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報