ブログ

楽待出演情報

東証一部上場の株式会社ファーストロジックが運営する国内の不動産投資サイトとして最大級の規模を誇る『楽待』。

そんな楽待のYouTubeに弊社の現場を取材で映して頂きました。

楽待のYouTubeチャンネルは登録者数が32.5万人と大きなちゃんねるです。

今回撮影では、“投資用”の修繕をメインに防水工事のご紹介をしております。

防水工事と言っても工法は様々です。

ですが注意点は、防水工事業者の7割は情報のアップデートができておらず何年も昔の工法で工事をしております。

また、提案するという能力が著しく低く、指定された工法で工事をするいう業者が圧倒的に多いです。

このような建築業者のアップデートができていないこともあり、弊社は相見積もりに参加すると9割ほどの確立で選んで頂けている理由でもあります。

なので、今回の情報はあまりWEBには書きたくありませんが、見ていただいた方に伝わればと思い書きます。

出演

菊池本部長

松島(清)監督

 

 

建物の用途や計画で工法は変わる

分譲マンションの場合は修繕計画を長期的に組む長期修繕計画があります。

個人や法人のオーナーさんの居住用の建物や投資用の建物でも工法は異なります。

なぜ異なるか?

それは、

  • 今後売却予定があるのか?
  • 10・15年・20年・25年・30年と何年後に修繕するのか?
  • 現在修繕にかけれる予算はいくらあるのか?
  • 歩行用の屋上か非歩行の屋上か?

これだけでも工法が異なります。ですが、提案力がない業者は既存を見て、この既存ならこの工事と決めつけてしまいます。

工法はどんどん新しくなり、材料の種類・工法の種類は国内でも様々なメーカーが複数出しております。

ここで大事なのは、よりお客様の求める形の中で、最も良い工法で、良い材料を使うことだと思っております。

次は5年後に売却なのに15年も持つ工事は必要ですか?

新築なら20年・30年持つ工事をしたくないですか?

このように求めた提案をし、様々なメーカーに常に最新の材料情報を確認しながら勉強会をし、施工をしているのが弊社『高橋工業』です。

分譲マンションの理事会・賃貸オーナー・投資家さんなど、工事の事があれば是非弊社も相見積もりに参加させてください。

お問い合わせお待ちしております。

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金