コラム

東京都墨田区 Kビル

東京都墨田区にあるALC造3階建ての外壁一部修繕工事を行いました。一階、二階が店舗になっており、施工面は店舗正面ではなかったので特別な養生は必要ありませんでしたが、作業は営業時間と重なる時間帯もありましたので細心の注意をはらって対応いたしました。

  • 構造
  • 工事

ALC造 3階建

下地補修工事
シーリング工事
塗装工事

工事前
シーリングは劣化し伸縮機能、防水性能共に発揮されていな状態でした。

外壁の一部ではコンクリート内部に雨水が侵入し、内部の鉄筋が錆びて内側からコンクリートが押され、コンクリートが欠けている状態でした。

工事後
シーリングも新たに充填し、建物への振動や雨水からの影響も抑える事ができました。

また、欠けていた部分はモルタルで補修し雨水が侵入しないように補強されました。

【下地補修工事】
Vカット → ケレン → モルタル充填 → コテ・刷毛でならす

ALC造は無数の気泡がある為、今回のように欠落してしまうと雨漏りに直結します。建物自体へ影響が及ぶ前に補修必要があるのです。

【シーリング工事】
既存シーリング撤去 → 清掃 → プライマー塗布 → シーリング充填 → ヘラ押さえ

ALC造の外壁は沢山の軽量コンクリートパネルをシーリングでつなぎ合わせてできている建物です。よってシーリングが劣化すると雨漏りが生じたり、振動などの揺れに対して建物への影響も出てきてしまいます。

【塗装工事】
洗浄 → ケレン → 下塗り → 中塗り → 上塗り

屋根塗装の基本は三回塗りになります。三回塗ることで屋根の内部が守られ、紫外線や風雨に対しての性能が発揮されます。

最後に
外壁塗装で大事な事は、
1.しっかりと下地調整(補修・シーリング・下塗り)を行う
2.出荷証明書のある正しい材料を正しい量塗布する(薄めて材料を使わない・中塗りなどに在庫塗料を使わない)
3.アフターや工事写真帳(完了報告等)をしっかり対応する
以上がとても大事になってきます。

塗った後しばらくは綺麗な外壁塗装ですが、見えない部分や補修内容などしっかり行わないとすぐに劣化します。劣化し問い合わせしたら『知らない』などで対応されたり、追加料金をとられたりと・・・気持ちまで嫌になってしまいます。

また、工事金額を前払いや何割かを最初に請求する会社なども怪しい会社です。
しっかりとした会社選びをするなら、1社で決めるのではなく、数社から相見積もりをし、しっかり比べて検討してください。

弊社では相見積もり大歓迎です。ぜひ一度ご相談ください。

株式会社髙橋工業
電話番号 03-6796-5445
営業時間 9:00~18:00 ( 日曜・祝日は休み)
HP問い合わせ https://www.takahashi-bousui.com/contact/

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報