コラム

東京都世田谷区 Fマンション

東京都世田谷区にあるマンションで大規模修繕工事を行いました。
大規模修繕の周期を15・20年となるように、塗料は耐久年数が20年以上の品質重視で採用し、下地補修から使用材料全てにこだわりました。
また今回の工事で足場を組む際に、マンションのすぐ横にある電線の専用カバーや道路占用許可書などを申請して、安全に、適切に工事を行いました。

  • 構造
  • 工事

鉄筋コンクリート造 4階建

外壁塗装工事
鉄部塗装工事
屋上防水工事
バルコニー防水工事
シーリング工事
タイル工事

 

工事前
建ててから初めての大規模修繕工事で、コケやカビ、色褪せや欠損箇所、シーリングの劣化などいたるところで耐久性能が低くなっていました。

工事後
全ての材料にこだわって工事し、欠損箇所なども復旧したことで本来の防水機能や美観も戻りました。建物自体の耐久年数も延び、修繕周期も延びたことでオーナー様からは大変喜んでいただけました。

工事のポイント

外壁塗装は、雨で綺麗になるセルフクリーニング機能のリファインフッ素を使用し、屋上防水は既存がウレタン塗膜防水通気緩衝工法からのウレタン塗膜防水のメッシュ工法を施しました。大規模修繕の周期を15・20年となるよう、下地補修から使用材料全てにこだわりました。

【下地補修工事】
欠損のある部分を全て補修します。外壁で多いのが浮いてしまっている状態です。これは全て調査を行った後で必要個所に必要な材料を注入していきます。

【タイル補修工事】
破損した箇所は取り除き新しい物へ入れ替えます。

 

 

【シーリング工事】
劣化して硬くなっているシーリングを撤去し、新たなシーリングを注入していきます。建物の防水性や気密性を保つために、外壁や窓枠等の継ぎ目や隙間に施工します。

【防水工事】
①屋上【ウレタン塗膜防水密着メッシュ工法】 → 今回は既存の防水層がしっかりして居たので既存を生かし、メッシュシートを貼ることで更に防水層の強度を増す工事を行いました。

②バルコニー【ウレタン塗膜防水バリボード工法】 → 既存がブロック防水層でもバリボードをブロック面に点貼りすることで、かぶせて防水工事が可能です。下地の動きや不陸を緩衝してくれます。また再度改修工事をする際には、バリボード防水システムの上に再度かぶせて防水工事を行うことでき、工期短縮・コスト削減が可能です。

【塗装工事】
下塗りは微弾性(伸びのある塗料)で細かいヒビ割れも補修します。鉄部には錆止めを塗り、塗装は全て下塗り合わせて3回塗りで行っています。

お客様の声
見積対応など迅速にしていただきました。工事中の報告も細かくわかりやすくしていただけたので安心してお任せすることができました。

最後に
大きな大規模修繕で大事な事は金額だけではなく、保証(保険)と工事内容とアフターフォローになります。ただ金額だけみてしまうと数年後に大変な事になる場合もあります。
今回のお客様の様に、大規模修繕の周期を15・20年となるような工事をすることもできます。
また大規模修繕においては、『大規模修繕瑕疵担保保険』などの保険もあり、弊社ではそちらの保険も取り扱っております。なにか気になることがあればお気軽にご相談ください。

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報