コラム

外壁塗装の際に使用する養生とは?塗料を正確に塗るために必要!

【目次】

外壁塗装の養生とは?

■外壁塗装に活用する養生とは?

■外壁塗装で養生が必要な箇所

■外壁塗装の養生にかかる費用

■外壁塗装で塗料が飛散してしまった場合

外壁塗装において養生は必要不可欠

a

 

■外壁塗装の養生とは?

外壁塗装を施工する際に活用する養生は、建物を保護するために必要な手段です。養生することで守られる物もあるので、外壁塗装を実施する場合は用意しておく必要があります。今回は、外壁塗装の養生とは、どんな物なのか詳しい内容を紹介していきましょう。

a

 

■外壁塗装に活用する養生とは?

 

養生とは、建築現場で外壁塗装を施工する際に取り入れられている作業工程の一つです。建築現場において、建物や一部を保護するために使用されます。

養生するためには、ビニールシートやメッシュシートを活用して、保護したい部分を覆うのが特徴です。

 

外壁塗装の本作業前に施すことが多く、納品時には撤去されるのが基本になります。

塗料の飛散を防止


外壁塗装に養生を行う目的としては、主に塗料の飛び散りを防ぐことが目的です。塗料は液体であるため、作業中に飛散してしまい、本来塗らなくていい部分まで塗ってしまうことがあります。

塗らなくてもいい部分まで塗らないようにするため、養生を実施して外壁塗装を行うのが一般的な方法です。

 

吹き付けの場合は飛散防止ネットを使用

 

外壁塗装を行う方法は手塗りと吹き付けの方法がありますが、吹き付けの場合は近隣の方にも塗料が飛散してしまう恐れがあります。

そのため、事前に飛散防止ネットで家全体を覆うことで飛散を防ぐことが可能です。

a

 

■外壁塗装で養生が必要な箇所

外壁塗装で塗りたくない場所を保護する養生ですが、具体的にはどこを養生することが多いのでしょうか。

 

外壁塗装を実施する場合、家のあらゆる物に塗料が飛散してしまうことがあります。そのため、日常生活で使用するものを中心に保護するのが基本です。

 

養生する箇所としては、窓ガラスや車、家具や家財などが該当します。本来塗る場所ではない家の物を養生で保護することができるので、養生は重要な役割があるのです。

a

 

■外壁塗装の養生にかかる費用

塗りたくない箇所を保護するために活用する養生ですが、平均価格帯は飛散防止ネットで1平方メートルあたり200~400円程度が相場です。

塗らない箇所だけを養生する場合は300円~500円程度になります。1坪で換算すると660円~1,320円、1,000円~1,650円が養生の相場です。

 

養生を必要とする規模によって、費用は異なるので、事前に業者に相談しておき、どれくらいの費用がかかるのか、予算を想定しておく必要があります。

a

 

■外壁塗装で塗料が飛散してしまった場合

外壁塗装で養生をしたにも関わらず、塗料が飛散してしまった場合は、剥離剤を使用して塗料を剥がすのが一般的な方法になります。養生しているからと安心せずに、外壁塗装が完了した後は、室内外をチェックして塗料の飛散がないか確認することが大切です。

 

車や近隣の方に塗料が飛散してしまった場合は、保険が適用されることもあるので、保険会社に連絡してみましょう。外壁塗装で養生していても、塗料が飛散する可能性はあるので、安心せずに施工後はチェックを怠らないようにしてください。

a

 

外壁塗装において養生は必要不可欠

外壁塗装を行う場合、本来塗らなくてもいい場所に塗料が飛散してしまうことがあります。業者の方が注意して施工を実施していても、飛散することはあるため、養生の存在は必要不可欠です。

 

養生を実施することで、車などの家財に塗料が付着することを防止するだけでなく、近隣の方にも配慮するためにも養生は重要になります。

 

外壁塗装において、養生を実施することは必要な作業であるため、必ず実施することを検討してください。また養生の費用については、養生を実施する規模によって金額が異なります。

 

養生の規模が大きいほど、必然的に高額になることが予想されるので、事前にどれくらいの費用が発生するか業者に相談しておきましょう。

 

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報