コラム

外壁塗装にムラが出来る原因は?見抜く方法や対処法を解説!

【目次】

■ムラが出来た際の直し方

■外壁塗装にムラが発生する原因

■外装塗装でのムラを見抜く方法

■外壁塗装でムラが発生した時の対処法

 

a

■ムラが出来た際の直し方

 

外壁塗装で発生する問題で、ムラが発生するということはよくあります。

 

外壁塗装のムラが出来る原因とは、どのようなことが言えるのでしょうか。また見抜く方法や対処法はあるのか気になります。

 

今回は、外壁塗装のムラが発生する原因や見抜く方法、対処法について解説していくので、参考にしてみてください。

a

 

■外壁塗装にムラが発生する原因

外壁塗装後によく見ると、ムラが発生していることがあります。

 

外壁塗装にムラが発生する原因とは、どのようなことが考えられるでしょうか。詳しい原因について紹介していきます。

 

 

1.手作業によるムラ

外壁塗装は、人の手で作業を行うことから、多少のムラが発生することがあります。ローラーを使用して外壁塗装を行う方法が一般的にはなっていますが、それでも塗料の濃さや薄さのムラは発生する可能性があるのです。

 

基本的に、手作業によるムラは目立つ範囲ではないことから、機能性に問題がある訳ではないことがほとんどですが、塗りムラが激しい場合は、外壁に施した防水や保護機能が損なわれる恐れがあります。

 

2.吸い込みムラ

塗料が外壁に吸収されてしまい、仕上がりが一定ではなくなる吸い込みムラが外装塗装のムラの原因である可能性もあります。

 

外壁材について知識があれば、吸い込みムラは回避できる可能性があるので、業者に相談して吸い込みムラが発生していないか確認してみましょう。

 

3.塗料選びや塗装ミスによるムラ

外壁塗装のムラの原因として、塗料選びや塗装ミスでムラが発生している可能性があります。

 

中塗りでは、水色を使用し、上塗りでは茶色を使用するなど、色合いによって下地が透けて見えることで、ムラが発生することもあるでしょう。

 

透けて見えることで、ムラの発生だけでなく斑点模様のように現れることもあるので、注意が必要です。

a

 

■外装塗装でのムラを見抜く方法

外壁塗装にムラが発生している場合、どのように見抜くことができるのでしょうか。主にムラを見抜く方法としては、3種類の方法があります。

  • 光の加減
  • 近くで見る
  • 遠くから見る

 

一つは光の加減で確かめるということです。外壁を光に反射させて、塗装面の具合を確認することで、塗りムラが発生しているかどうか判断することができます。

 

また近くで見ることで、どこからどこまでムラが発生しているのか、詳しく判断することが可能です。しかし、近くまで見ないとわからない程度のムラであれば、機能的な問題が発生することは少ないでしょう。

 

後は遠くから見る方法も、ムラを見抜く方法の一つです。遠くから見て、どこの部分にムラが発生しているのか見えることがあります。その場合は、美観を損ねる可能性があるので、施工業者に相談してみることが大切です。

a

 

■外壁塗装でムラが発生した時の対処法

外壁塗装でムラが発生している場合は、機能性が損なわれる可能性があるため、早急に塗り直しを行う必要があります。

塗り直しを行うことで、ムラを直し、美観や機能性を保つことが可能です。


外壁塗装で発生するムラは、様々なことが原因で発生することがあります。
少しのムラであれば放置しても、大きな問題になりませんが、明らかにわかるムラであれば、塗り直しを検討してみてください。

見抜く方法としては、よく観察することでムラを発見することができるので、外壁に違和感を覚えた時は光の具合で確認してみましょう。

 

ムラが発生した場合の対処としては、塗り直しが適切な方法なので、施工業者に依頼して、塗り直しを希望してみてください。

綺麗に塗り直しが行われれば、ムラが発生する心配がないので、機能性も問題ありません。

軽微なムラであれば、大きな問題に発展することはありませんが、放置すると徐々に目立ってしまう可能性もあるので、ムラがある部分が気になる場合は、塗り直しを検討してみてください。

 

関連記事一覧

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報