コラム

外壁塗装に利用されるルミステージとは?特徴や耐用年数について

【目次】

■外壁塗装、ルミステージとは?

■外壁塗装に利用されるルミステージとは?

■外壁塗装に利用されるルミステージの特徴

■ルミステージの単価や安全性について

■外壁塗装にルミステージを利用した方の口コミ評価

■ルミステージは確かな品質で外壁塗装できる

a

外壁塗装、ルミステージとは?

 

外壁塗装に利用される塗料には、様々な種類があります。ルミステージは数ある塗料の一つで、耐久性が高いことから注目されている外壁塗装の塗料です。今回は、外壁塗装に活用されるルミステージの特徴や耐用年数などについて、紹介していくので、参考にしてみてください。

a

 

外壁塗装に利用されるルミステージとは?

外壁塗装に利用されるルミステージとは、原料にAGC旭硝子のフッ素樹脂ルミフロンを使用し、樹脂をAGCコーテック株式会社が塗料化したフッ素樹脂塗料のことを指しています。

 

タイプにも様々あり、自然なセラミック長のルミステージパレ、漆喰調やコテ仕上げのルミステージつち、水性でクリアなルミステージ水性UVカットクリアなどです。それぞれ特徴が異なることから、外壁塗装にルミステージを活用する場合は、特徴を把握してから選ぶことが大切になります。

 

ルミステージは、どこでも使用できる訳ではなく、一部のAGC旭硝子から認められた認定施工店でのみ使用することができる塗料です。

a

 

外壁塗装に利用されるルミステージの特徴

外壁塗装に使用されるルミステージは、具体的にどのような特徴を持っている塗料なのでしょうか。ルミステージはフッ素であるため、紫外線に強い性質を持っており、雨水で汚れを洗い流すことができるセルフクリーニング機能があります。

 

また防カビや防藻の機能性も兼ね備えていることから、綺麗な状態を維持することが可能です。塗料一つの単価は高額ですが、耐用年数は10年~15年であるため、長期的に外壁塗装として使用することができます。

 

塗料を購入して勝手に塗装できるというものではなく、素材メーカーや塗料メーカー、認定施工店が品質管理を行っているため、高品質で信頼できる施工を受けることが可能です。

 

ルミステージには、メーカー保障もついており10年もの保障があるため、安心して利用することができます。

a

 

ルミステージの単価や安全性について

外壁塗装に利用される塗料のルミステージは、具体的な単価が表記されているサイトがありません。そのため、確かな相場がわかりませんが、実際に施工された事例を確認してみると、3~5回塗りで合計4,200円~5,500円/㎡ほど費用がかかります。

 

比較的高価なルミステージですが、耐久性やセルフクリーニングの機能性を考慮すれば、コストパフォーマンスがいい塗料と言えるのではないでしょうか。

 

またルミステージは、弱溶剤系の塗料であることから、安全に使用することができます。一部では水性タイプも用意されていることから、臭いも抑え気味な印象があるでしょう。

a

 

外壁塗装にルミステージを利用した方の口コミ評価

 

外壁塗装の塗料として、ルミステージを利用した方の口コミの中では、今ある塗料の中では信頼できる塗料といった評価があることから、品質がいい塗料であることが伺えます。

 

また耐久性が高くて、メーカー保障が10年ついているのも魅力という評価もあり、業者からの信頼も厚いようです。

 

外壁塗装に利用する塗料は、機能性が高い方が耐久性もよく、綺麗な印象を演出することができるので、一度ルミステージを塗料として検討してみるといいでしょう。

a

 

 

ルミステージは確かな品質で外壁塗装できる

認定施工店のみが使用できるルミステージは、耐久性が高く、メーカー保障もついていることから、信頼して使用できる塗料の一つです。セルフクリーニング機能などもついていることから、確かな品質で外壁塗装を行うことができます。

 

耐用年数も10年~15年と言われているので、多少価格が高くても利用する価値はあると言えるでしょう。弱溶剤系であることから、臭いも控えめなのも嬉しいポイントです。家を綺麗な状態に維持したいのであれば、ルミステージの利用を検討してみてください。

 

関連記事一覧

コロナ対策

アステック

ウレタン

遮熱助成金

更新記事情報

人気の記事

重要記事

施工情報